シンプルごみゼロライフとO脚の意外な関係

「モノを長く持ち続ける」ということは、

シンプルな生活、ゴミを出さないようにする上では重要なカギです。

 

と、言葉でいうのは簡単ですが、

大量消費・何でも使い捨ての生活に慣れてしまっていると

ちょっぴり努力しなければいけないことも

出てくるような気がします。

 

今、私が一番気になっていること。

 

それは、です。

 

今までは、

「靴は履き潰してナンボ」精神で生きてきたのですが、

 

ゼロウェイストを意識し始めてから、

どんなものに対しても

 

「どうか末長くよろしくお願いします」

という気持ちになることが多くなってきました。

 

そんな基準で選んだ革製のショートブーツ。

 

まず小さな努力その1。

表面のお手入れは、

靴磨きクリームを使ったり、

撥水スプレーをしてみたり。

 

ちょっとお店の人に聞けば、

ありがたいことに

いろいろと教えていただけるため

せっせとお手入れしていますが・・・

 

ゼロウェイストを実践していく上での

超えなければならない壁にぶち当たってしまいました。

 

それは、

靴底の減り・・・

 

外側だけどんどん減っていく。

 

f:id:zerowastemama:20161220000635j:plain

 

そう、O脚なのです(涙)

 

このペースでいくと、

すぐに交換しなければいけないし、

交換のタイミングを逃すと

靴自体がダメージを受けてしまう・・・

 

あーーー、

また処分するものが増えてしまう。

 

この流れ、どうにかして止めなくては!!!

 

今までわかっていたけれど、

見て見ぬふりをしてずっと生きてきたツケが

回ってきました。

 

普通は「美容のために」O脚矯正したい

と、なると思いますが、

 

私は違います。

 

ごみを増やさないために

O脚、治します!!!!!

 

ゼロウェイストな生活と健康は、

一見すると何も関係ないように思えますが、

 

こうして紐解いてみると、

ゆるやかにつながっているのが面白いところですね。

 

現在の膝の間の開きは11cm。

さあ、1ヶ月でどれだけ改善するでしょうか。

自分との戦いです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼ゼロウェイストを広めるために、応援クリックをいただけると嬉しいです♪ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

 

 

 

スポンサードリンク