読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【断捨離】誰でも炊飯器を手放せるステップ 〜鍋ひとつさえあれば!〜

炊飯器に別れを告げた昨年の夏。

 

炊飯器って・・・

我が家の狭い台所で場所は取るし、

電気代かけて保温してもすぐ美味しくなくなるし、

早炊きモードで炊いても結局時間かかるし。

 

「手放したい・・・」

 

 

その強い気持ちが断捨離の神様に届き(笑)

通っていた料理教室で習ったこともあり、

鍋炊きごはん派に転身して1年半。

 

本日はこの快適ライフを手に入れるステップです。

 

いきなり土鍋を買う?

炊飯器を断捨離しました!という場合、

その次にくるのは

土鍋で炊くようにしています」というセリフ。

 

土鍋といっても、決して安いものではないし、

買った後にやっぱり使わなかったらどうしよう・・・

と、思ったりしませんか?

 

炊飯器不要→土鍋という思考は

実はちょっぴりショートカットすぎると思われます。

 

まずは「炊飯器なしライフ」を練習してから

土鍋を買うかどうか考えましょう。

 

いつもの鍋でごはんが炊ける!

さて、何でご飯を炊きましょう?

普通の鍋」でいいんです。

f:id:zerowastemama:20161221060507j:plain

蓋ができる鍋ならなんでも。

 

これでまずは練習します。

 

ざっくりですが、我が家のやり方。

 ①お米の品種にあった水加減をして鍋に蓋をし、

  はじめに強火で一気に沸騰させます。

  ☆ここでカニ穴ができている確認すると良いです!

 

 ②ふきこぼれそうになったら、蓋を取ってごく弱火に。

 

 ③白米ならここから10分タイマーをセット。

 

 ④時間があれば蒸らす。

 (ふつうの鍋なら、そこまで時間を取らなくてもおおむね炊けてます)

 

朝起きてご飯を火にかけて、

他のものを同時進行で進めていれば、

10分なんてあっという間。

 

蓋を開けるとホカホカの美しいごはんが♡

火で炊いたごはん、

本当に美味しいです。

 

料理についてめったにコメントしない

我が家の夫も絶賛するほどです。

「家の鍋で炊いた米が一番うまい」と。

 

ごはんを温め直すには?

さて、鍋炊きご飯の本当のすごさはここからなのです。

炊き上がったご飯を別の保存容器に移しておきます。

(私はお鍋に入れたままにしておくこともよくあります・笑)

 

冷やご飯になります。当たり前ですが。

さて、どうやって温め直すか?

 

電子レンジ?

我が家にはありません。

 

セイロを引っ張り出してくる?

それまた炊飯器断捨離への道を険しくしてしまいます。

 

はい。

「鍋とザル」を使います。

 

f:id:zerowastemama:20161221063928j:plain

 

お鍋に少しだけ水を入れて、

ご飯を入れたザルをそのまま鍋へ。

蓋をすれば簡易蒸し器がわりに。

 

温め直したご飯でも・・・

お、美味しい♡

炊飯器で保温されたパッサパサご飯とは雲泥の差。

 

もう、鍋炊きご飯はやめられません!!!

 

炊飯器を手放してから

「やっぱりあった方が良かった・・・」

なんて後悔したことは1度もありません。

 

慣れてきたら

鍋炊きご飯ライフにも慣れてきたところで、

アコガレの土鍋ちゃんを買うか考えましょう。

 

ちなみに鍋の選び方と、

ご飯の食感の差はというと

 

ステンレス片手鍋はサラッとしたご飯。

土鍋はふっくらモチモチご飯。

ル・クルーゼSTAUBなど厚手の鍋はその中間といったところでしょうか。

 

f:id:zerowastemama:20161221075439j:plain

 

夏はステンレス、

秋は厚手の鍋で炊き込みごはん、

冬は土鍋でほっこりと・・・

 

なーんて使い分けちゃったりすると、

なかなか鍋炊きごはんも板についてきたなと

ひそかに自画自賛しちゃったりしてます(笑)

 

 

台所はスッキリ。

そして何よりも

早い、うまい、安い!

 

これは鍋炊きごはんライフを始めるしかありませんね!

 

まずは「週末だけ」から始めるのもオススメです。

 

▼おいしいごはんが炊けたら、おいしいおかずも♪

にほんブログ村テーマお米・ごはん・おにぎり

にほんブログ村テーマご飯ですよぉ♪

にほんブログ村テーマ素敵レシピ、み~つけた♪

 

▼断捨離モチベーションを上げるにはこちら 

にほんブログ村テーマ断捨離でゆとり生活

にほんブログ村テーマ断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村テーマスッキリさせた場所・もの

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

▼ゼロウェイストを広めるために、応援のクリックをしていただけると嬉しいです! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク