読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の自分に教えたい、ゼロウェイストな日本酒の深い話

先日、引越しをしました。

ただの引越しではありません。

 

「(できるだけ)

 ゼロウェイストな引越し」です。

 

これがなかなか果てしない・・・

新しい暮らしに移る前に、

持ち物の整理をと考えていましたが、

タイムオーバーになりそうな気配が漂ってきたため、

処分すべきもの達と一緒に移動することになってしまいました(笑)

 

これで後日、落ち着いて記録に残せる!

と前向きにとらえながらも、

そろそろ息切れしそうな雪の日です。

 

そんなドタバタな日々を送りながらも、

ココロはいつも「ゼロウェイスト」

 

街を歩けば、虎視眈々と

ハ・カ・リ・ウ・リ」の文字がないかどうか

アンテナを貼っております。

 

(やったことありませんが)

ポケモンGOをやっているかのごとくです。

おすすめスポットは商店街。

個人でやっているお店が狙い目です。

 

さて。

とある普通の日。

てくてく歩いていると、ある酒屋さんを発見いたしました。

お店の中に視線を移すと

普通の瓶入りのお酒の中に混ざって

置いてあるものが・・・

「なんだあのカメ達は!?」

 

f:id:zerowastemama:20170211142543j:plain

 

そういえば・・・料理に使うお酒って

(高いけど)日本酒でも代用できるんだっけ?

と頭の中のゼロウェイストリストを急いで検索します。

「量り売りレーダー」は瞬時の判断が必要とされるのです。

 

お店の前を一回通り過ぎてから、戻りました(笑)

「すいません〜この瓶って日本酒ですか?」

「それは焼酎と紹興酒ですね。

 今の時期は”樽酒”で日本酒がありますよ〜。」

 

樽酒!?

ゴールデンボンバー!?(笑)

 

静かにテンションが上がりましたが、

空き瓶を持ち歩いているわけではもちろんないので、

後日お店へ足を運ぶことに。

 

そして昨日、念願叶って樽酒を頂いてきました!

(実はお店を見つけてから2週間くらい経ってます・笑

 スローショッピング万歳!)

 

f:id:zerowastemama:20170211142613j:plain

 

このビジュアルからして、

日本人のDNAが心踊ります。

 

お店のご主人がまたいい方で、

いろんなことを教えていただきました!

 

まずこの容器。

釘も接着剤も使ってないという日本の技術。

木が呼吸することで、継目が塞がれているとは!

古くからの知恵と技術にただただ感嘆するばかりです。

 

そして木の種類も「奈良の吉野杉」しか使わないと。

なぜならば、杉の香りも味の一部になるからだそうです。

ちなみに「秋田杉」は香りがあまり無いので、

家具などに使われることが多いそう。

 

(私でも)飲んでみてすぐにわかりました。

本当に「杉の香り」がするんです!

工場で詰められたであろう日本酒では味わえない

この贅沢なフレーバー。

 

f:id:zerowastemama:20170211142636j:plain

そしてこの注ぎ口は桐製、

差込口は三つ目錐という特殊な道具で開けるそうで、

なかなかこの技術が

下の世代に伝わっていくのが難しいとのこと。

ご主人も「この部分はぜひ写真に撮っておいてね」と、

撮影にノリノリ(笑)

 

さあ、一番盛り上がるところがやってきました!

ご主人も酒屋の正装という前掛けをして登場!!

滝のごとく、清らかなお酒達が勢いよく瓶の中へ!!!

 

f:id:zerowastemama:20170211142659j:plain

 

由緒正しい日本酒はこういうものなのだよと、

飲み会に明け暮れていた大学生の自分に教えてあげたい。

 

一応、日本酒が入っていた空き瓶を持参したのですが、

前のお酒の香り「吟醸香」が残っているから、

せっかくの風味が消えてしまうとのことで、

新しい瓶に入れてもらうことになりました。

が、洗ってリユースすれば次回20円引きとのこと!

 

我が家の冬の風物詩、決定です。

さすがに日常の料理酒の代用としては

贅沢すぎますので(笑)

 

まずは日本酒好きな義父への

バレンタインデーのプレゼントに

しようかなと思います。

 

この酒屋さんは今は3代目が修行中とのこと。

お孫さんも生まれたので4代目まで続くかも!?と、

ご主人が嬉しそうにお話ししていました。

 

偶然出会った樽酒、

奥深い。

 

こういった日本が誇る技術、味、想い。

ずっとずっと伝わっていってほしい。

 

買うモノにまつわるストーリーを知ること。

それって消費者として、

買う「モノ」に対する一つの礼儀なのかも

しれないなと思いました。

 

そして私が思う「量り売り」の最大の魅力は、

パッケージや容器のゴミが出ないことだけではなくて、

こうした豊かなやりとりが生まれることだと思います。

 

どうかどうか

「量り売り」の文化が絶えることなく、

新しい時代に広まっていきますように。

 

お酒の力を少し借りつつ(笑)

引き続きゼロウェイストな片付けをがんばります!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼ゼロウェイストを広めるために、クリックしていただけると嬉しいです! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

  

 

スポンサードリンク