オススメ!手づくり切り干し大根

我が家の常備食材シリーズ第2弾。

「切干大根」

 

3歳の娘は切干大根の煮物が大好物です。

普通、子供が

「なんかおやつ食べたいんだけど〜」

っていうノリで

 

「なんか、きりぼしだいこん食べたいんだけど〜」

って言ってきます(笑)

 

卵・乳製品アレルギーがある娘に出す食事は

自然に和食中心になっているのが

功を奏して(?)いると思われますが。

 

週に2回のお弁当にも毎回と言っていいほど

入っているヘビロテおかず。

(レパートリーが少ないという疑惑も・・・笑)

 

そんなわけで、おそらく一般家庭よりも

切干大根の消費量が多いのではないかと思いますが

 

気になるのはパッケージ。

 

絶対にビニール袋に入っているものしか売っていない。

まあ、しょうがないですよね。

「乾物」なので。

 

思い返すと、どうやって情報が懐に入ってきたのか

忘れてしまいましたが、

 

「切干大根って大根切って干せばいいんじゃない!?」

 

と、どこからともなくゼロウェイストの神様のお告げが(笑)

 

ちょうど冬が旬の大根。

無農薬のものでも安価に手に入る時期!

 

さあ、やります。

大根の大人買いから。

 

「作り方」は紹介するほどでもないのですが、

切って干す。ただそれだけ。

 

休日に家族がまだ起きていない台所で

一人、ひたすら大根を千切りにする私。

もはや瞑想状態でした(笑)

 

その後千切りにした大根をザルに広げ、

お日様の下で気持ちよく日光浴していただきます。

 

f:id:zerowastemama:20170325075311j:plain

 

何となくの感覚ですが、

やはり立春を過ぎると

少しずつ湿気が出てくる気がします。

 

そうなると、2日以上干さないと

カラッとしない感じです。

おそらく家の周りの環境にもよると思いますが。

 

干し終わった大根たちはこちら。

 

f:id:zerowastemama:20170325075326j:plain

 

いい感じに水分飛びました。

外にいるだけで・・・

 

え?もしや私の肌もこうして

ひからびているのかしら・・・

恐ろしい・・・

 

さて、気を取り直して

干し野菜の不思議なところ。

それは栄養価がアップするところ!

 

切干大根に至っては

生の大根と比べるとおおよそ

 

カルシウム15倍

鉄分32倍

ビタミンB1・B2 10倍

食物繊維 10倍

 

すごい!

スーパーフードだ!!!

 

自分で作れば大根の出どころもわかるし

100%天日干しだと胸を張って言えるし!

(市販のものは機械で乾燥させているものが多いようです)

 

手前切干大根で申し訳ないですが、

なんだか甘みが強いような気がするし、

歯ごたえも自分好みで嬉しいし!

 

我が家の食卓のために

母は大根切ります、干します!

 

合計10本の大根を干したものは

こちらのビンに保存しております。

f:id:zerowastemama:20170325075352j:plain

容量3L(笑)

 

これに入りきらなかった分が少し。

小瓶に分けたり、

もうすでに使ってしまったりしてますが。

 

とりあえずしばらくは

パッケージフリーの切干大根と暮らせそうです!

乾物だって保存瓶に入れれば

ちょっぴりおしゃれに見えるのは気のせい!?

 

自己満足でもいいんです。

今日もまたひとつ「ごきげん♪」が増えました!

 

自分の幸せは自分で決める。

タラレバ娘も言っておりましたよ。

 

次回はこの切干大根の栄養をムダにしない

「栄養ゼロウェイスト」のメニューをシェアしたいと思います!

 

▼手作り生活、ハマります!!!

にほんブログ村テーマ 保存食

にほんブログ村テーマ ☆手作りの無添加レシピ☆

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼ゼロウェイストを広めるために、クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

▼自家製シリーズ第1弾はこちらの「わかめ」です!

www.zerowaste-mama.com

スポンサードリンク