読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上履きの乾かし方、考えてみました

たまにはママ的なネタを。

ということで、先週から新生活が始まり

1週間が嵐のように過ぎ去りました。

 

ホッと一息ついた金曜日。

娘の幼稚園バッグの中から発見したものは・・・

上履き!!!

 

そうだ。

またこれから週終わりや、月の終わりに

上履きを洗う生活が始まるんだ。

 

 

子供を育てるということは、

自分の中の朧げな幼少期の記憶を蘇らせ

生き直すような感覚で、

 

そしてまた自分を見つめていた親のまなざしや

心のうちがぼんやりと身体に浸み込んでくる、

そんなひとときを経験します。

 

今の性格からはちょっと想像がつきませんが、

小学生の低学年の頃は

やや引っ込み思案で

 

学校の中でも「先生」という存在に対して

素直に自分のことを話せなかったことを

思い出します。

 

持ち物ひとつ持っていくにも、

忘れちゃいけない、

ちゃんとしなきゃいけないと、

小さな心は相当必死でした。

 

土曜日の午後に、

お風呂場で汚れた上履きを洗いながら、

 

油性ペンで書かれている名前が

じんわりと滲んでいくのを見つめ、

このまま上履きが真っ黒になってしまったら

月曜日に学校行けないよ・・・と

密かに焦っていた自分を思い出してみたり。

 

週末の天気予報が雨だと、

それだけで憂鬱。

上履き乾かなかったら、

冷たい上履きで歩かなきゃいけないじゃん・・・

そんなの絶対無理。

 

なんて、今では笑い飛ばせるようなことも

一生懸命に悩んでいたなと思いました。

 

そんな「上履き洗い」にまつわるゼロウェイスト。

上履きをできれば効率よく乾かすには?

 

これです。

 

 

茶色の空き瓶。

ずーっとこの写真を見ていると、

瓶が脚に見えてくる・・・(笑)

 

とりあえず、置き場所を確保するという意味でも

なかなか気に入っています。

 

そして、陽の当たる場所に置いておくと

瓶が茶色のため、中の空気があたたまり、

より早く乾く・・・らしいというおまけ付き。

 

普通に放置した場合と、どのくらい差があるかは

いつか実験してみてもいいのかなと思いますが、

 

上履きを乾かすのにタイマーをかけるわけではないので、

ゆっくり気持ちよく日向ぼっこしてもらおうと思います。

 

かつての自分が心配していた「雨の日モンダイ」の

解決策にはならないことは申し訳ないと思いつつ・・・

 

こんなに一生懸命洗って、

完璧に干して、

上履き袋にちゃーんと入れても

 

月曜日の朝に忘れてしまうことがよくあって、

お母さんが学校まで届けてくれたのも

忘れられない思い出です。

 

我が家のA型の娘は

まだ3歳ながらも

 

親よりしっかりしている片鱗を

見せ始めているので

そんなエピソードがうまれることも

少ないのではと思っていますが。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼ゼロウェイストを広めるためにクリックしていただけると嬉しいです! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク