読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんのまほう

zero waste mama の たのしい、おいしい、心地いい暮らし

家の中のプラスチック製品、集めてみました。

住まいを変え、暮らしを見直し、

出てきたものは大量のプラスチック製品。

 

 

ゼロウェイストをテーマに記事を書いていることだし、

これは試しに全部広げてみようと思い立ちました。

 

いわゆる「プラスチックチャレンジ」というやつです。

 

第1弾として、ザッと並べてみるとこんな感じ。

 

f:id:zerowastemama:20170420094421j:plain

 

新しいキッチンに備え付けで付いていた

巨大な仕切りに始まり・・・

壊れた掃除機のホースや付け替えヘッド、

 

なんとか収納をうまいことやりたい!

という痛々しい思いが見える

各種仕切りカゴ(100円ショップ)や、

なんとなく買ってみたキャニスター、

詰め替え容器いろいろ・・・

 

「トキメクもの」がひとつもない!!!

 

 

この写真中のモノの8割に共通することがあります。

それは

壊れている」ということ。

 

キャニスターの蓋と本体をつなぐ部分が折れてしまったり、

ソープディスペンサーの端っこが割れてしまったり、

プラスチックの保存容器は蓋の部分が変形してしまったり・・・

 

かろうじて生き残っているファイルスタンドなどは

市のリサイクル広場に持ち込もうかと思っていますが、

 

たかだか数年使って壊れちゃうなんて

ちょっと悲しいですね。

 

形あるものはいつか壊れるとはいえ、

早く壊れすぎでしょー!

 

処分するのにも手間と時間とお金が必要。

そして新しいものを代わりに買う場合には

それを探す時間、買いに行く手間とお金、

そしてもれなく包装が付いてくる場合も。

 

これを繰り返すのって

なんかめんどくさい。

 

別にここで

「プラスチック製品は〇〇という成分が入っていて

 健康に悪影響を与えることが予想され、

 なおかつ枯渇する資源を用いて製造されているものを

 使用するということは地球環境に対して

 うんたらかんたら・・・」

 

みたいに怒り&否定MAXになるつもりは

ありません。

 

それをやり始めると、疲れちゃいますからね(笑)

どれだけメンドくさがりなんでしょうか、私。

 

ただ単純に、感覚的なものとして

処分せざるを得なかったプラスチック製品たちをみて

 

「なんかイケてないなー、この状況」

と感じています。

 

プラスチック製品から距離を置くことで

逆にありがたみがわかったことだって

もちろんあります。

これはまたいつかの機会に。

 

ただ

「プラスチックでできたものは

結構すぐに壊れる」という

ただ単純にその事実と、

それに伴う諸々の煩雑なことを考えて

 

これから何か持ち物を買うときには

素材が何でできているかを意識してみよう。

と、静かに心の中に誓いを立てたのでした。

 

それと同時に不思議な話で、

だんだんと「お、いいなあ」と

思って手に取るものが

 

自然とプラスチック以外のものになってきているのは

ちょっとした自分の変化だったりします。

年齢的なこともあるのでしょうかね?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼ゼロウェイストを広めるためにクリックしていただけると嬉しいです! 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

 

 

 

スポンサードリンク